凸凹 クレーター

さよならしたい!肌にできた凸凹のクレーター

顔にできた凹凸のクレーター状のニキビ跡。見るたびに悲しくなりますよね・・・!

 

ニキビ跡にも段階があるのです!

初期のもの

赤くなってしまったもの。

 

次の段階は黒ずんでしまったもの

この二点はシミに分類されるものですね。
こちらはだいたい自分で治せたり、病院で比較的短期間で治療できます。

 

重度のニキビ跡がクレーター状のもの

これは自然治癒というのがとても難しい状態です。皮膚科でも治療できますが、現代医学をもってしても難しい治療なので、通院の時間やお金がかかります。だから、はじめっからクレーターにしないニキビのお手入れが大事なのですね。

 

何故クレーターができてしまうのかそのメカニズムを知っておきましょう。ニキビができた時の状態がとても酷くても、綺麗に治ることがあります。逆に見た目はたいしたにきびではなかったのに、いじってしまったことやケアをせず放置し長らく患っていたニキビの場合凹凸のクレーターが出来てしまうことが有ります。これは何故なのでしょうか?

ひとつには、クレーターになりやすい肌質、元々の体質なども関係しているのでは?とも言われています。そうかもしれません。

でも、クレーターになるにはれっきとした原因があるのです。知っての通りニキビは皮膚の炎症です。人の皮膚は28日周期で生まれ変わっています。実際に生まれ変わってるかどうかの実感がなくても健康な肌なら皆そうなのです。なので、例えばちょっとした擦り傷や小さな切り傷などは時間の経過と共に消えてしまいますよね?それはまさにターンオーバーのおかげなのです。

 

では何故凹凸のあるニキビ跡は残ってしまうのか?ターンオーバーが正常じゃないから?それもあるかもしれません。ですが、実はニキビ跡というのは肌表面にできた傷ではないのです!!顔というのはとても狭いパーツですが、そこへ同じ箇所に何度もニキビができてしまうと傷が深くなります。

 

凹凸状のニキビ跡というのは、いわゆる肌の内側にできてしまった傷跡なので自然に治ることがないのです。ご存知でしたか!?病院へ通ったり自分で専用化粧品でケアしたり努力したとしてもそれを治すのは容易ではありません。期間としては人によりますが5,6ヶ月、あるいは1年かかると思っていたほうが良いでしょう。

 

リプロスキンを使った3ステップケア

 

 

リプロスキン体験談レビュー TOP

 


このページの先頭へ戻る