オロナイン ニキビ跡

オロナインはニキビ跡に効くの?

オロナイン ニキビ跡

オロナインH軟膏はドラッグストア等でも簡単に手に入る外用薬。

 

あかぎれや切り傷、ジュクジュクしていない水虫といった幅広い症状に効果がある塗り薬として昔から愛用している人が多い人気の薬です。

炎症を起こしている赤ニキビにも効果があって若年層でも使っている人が多いです。

オロナインの主成分

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液というもので殺菌や消毒に効果があって炎症に効くという成分です。また塗ることで乾燥を防ぎ、皮膚を保護して細菌や汚れから肌を守ってくれる働きもあります。

 

他に添加物としてポリソルベート80、硫酸アルミニウムカリウム等があります。主成分も含めてこれらの成分はアクネ菌を殺菌してくれるのでニキビにも効くという訳です。

ニキビに効くなら、ニキビ跡にも効果があるのではないかと思うかもしれませんが残念ながらオロナインはニキビ跡に使っても効果はありません。

理由はオロナインの成分と薬の効果範囲にあります。

 

オロナインはあくまで消毒や殺菌を目的とした薬なので、ニキビが悪化した状態のニキビ跡には消毒と殺菌では効果が無いのです。

 

ニキビ跡の赤みは炎症が原因で起こりますが、これらは肌の奥で起こっていることなのでオロナインを表面に塗っても肌の奥まで成分が届かないのです。すでに跡になってしまった段階では炎症が鎮まっていて、肌の組織が傷ついてしまっている状態なのでオロナインでは手遅れなのです。

 

ニキビ跡の赤みに対して

 

ニキビ跡専用のケア用品を使ったりする事が良いと思います。

 

オロナインはあくまで消毒成分が主なので傷にしか効果はありません。赤ニキビには有効ですが、まだ炎症が起きていない白ニキビに塗るのは良くありません。白ニキビは毛穴の詰まりが原因で起こるニキビの為、油分の多いオロナインを塗ってしまうとかえって悪化してしまうことがあるからです。

ニキビに効くからといってニキビ跡にも効果があるとは限りません。用法や用量を確認せずに軽い気持ちで使ってしまうと、ニキビ跡は回復しないどころか悪化を招く危険性もあるのです。ニキビ跡は皮膚の表面ではなく皮膚の下にある細胞が傷ついているものなのです。

ニキビとニキビ跡は全く異なるものなので、使おうとしている薬で効果があるのか、副作用や症状の悪化は心配は無いか等をきちんと理解しておくことがとても重要なのです。

 

 

リプロスキンを使った3ステップケア

 

 

リプロスキン体験談レビュー TOP

 


このページの先頭へ戻る